こんにちは、アキラです。

 

巷では、ETFやインデックス投資が主流となっている中、私は個別株投資をメインで行っていますが、私が個別株投資をするときに思ったのが、『せっかくなら優秀な銘柄に投資したい!』です。

 

でも優秀な銘柄って言っても何が優秀か分からない、そんな方へ向けて

 

本記事では以下のような、疑問、要望にお答えします。

 

コカコーラの株購入考えているけど、業績は大丈夫?
配当金や、株投資に必要な指標について知りたい!!
指標を見ても分からないから、代わりに銘柄分析してほしい!!

★本記事を読むメリット★

  1. 企業の指標を読み解くことで、投資先として期待値があるのか分かる。
  2. なぜその指標が大切か、解説も入れているので、株投資初心者でも分かりやすく理解出来る。
  3. 図解や、銘柄の特徴など、他の銘柄分析の記事とは違う独自性も兼ね揃えている。

 

この記事を書いている アキラは、投資歴6年、米国株投資歴2年目のブロガーです。

 

今回は、【KO】コカ・コーラの事業内容、株価・配当金についてや、指標から読み解く銘柄特徴を分析してご紹介します。

 

 

 

【KO】コカ・コーラ 事業内容

まずは、コカ・コーラのビジネスモデル、事業内容を掴んでいきます。

投資をする上で、企業がどのように売上を作っているか知るのは大切ですからね。

 

コカ・コーラ社のビジネスモデル

 

引用:コカ・コーラ米国版サイトHP

コカ・コーラのビジネスというと、コーラを詰めて販売するくらいのイメージで、コカ・コーラ本社が全て行なっていると思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、実態はちょっと違います。

 

コカ・コーラの本社が行なっているのは、研究開発や飲料原液の販売などで、飲料原液をボトルに詰めて販売する(ボトリング事業)のは、フランチャイズ化しているので別会社(ボトラー社と呼ばれている)が行なっています。

 

コカ・コーラ本社は図でいうと赤い部分しか行なっていません。

灰色の部分は、ボトラー社が行なっています。

 

理由は、ボトリング事業は利益率が悪いので、フランチャイズ化して本社から切り離した形です。

 

ちなみに図にも記載ありますが、ボトリング事業を行なっているボトラー社は225社あり、原液をボトルに詰める工場は900あります。

 

 

コカ・コーラ社製品別内訳と世界シェア率

 

引用:Coca-cola社Investor Review

 

商品ラインナップはこんな感じです。

 

炭酸飲料水の分野のシェア率は世界1位というのは皆さんも想像しやすいと思いますが、お茶やコーヒー、水の分野でも世界シェア1位なのはさすがですね。

 

エナジードリンクだけシェア率2位ですが、シェア1位はレッドブルでしょうね。

コカ・コーラはモンスターエナジーを取り扱っています。

 

コカ・コーラ社の堀(モート)

個別株投資をする上で大切なのは、そこに参入障壁があるのかです。

 

参入障壁が無いと、新たな会社が出てきたときに今の地位を失うことになり、安定性に欠けると考えます。

 

これは投資の神様ウォーレン・バフェット氏も「経済的堀がある銘柄に投資する」と語っており、参入障壁があることによって、「ほかの会社、競合他社が追いつこうと思っても、追いつけないビジネスを展開している企業に投資することによって、リターンを高めることができる」と語っています。

 

コカ・コーラ社が他社に敷く参入障壁は、圧倒的なブランド力と考えます。

 

世界中の人が、商品名を知っており、ロゴを知っており、世界中で飲まれている。

 

実はこれって凄いことですよね。

 

味覚が世界中の人々で違う中、コカ・コーラが売れるということは、全世界の人が好きな味ということです。

 

私も以前インドに留学したことがあるのですが、コカ・コーラ社の商品が売店に並んでいて、味も一緒でした。

「コカ・コーラ」「スプライト」「ファンタ(オレンジ味)」「ミニッツメイド」がありましたね。

 

またコカ・コーラって、「映画館でポップコーンと一緒に」「ピザと一緒に」「ハンバーガーと一緒に」みたいに、他の炭酸飲料水ではなく、コカ・コーラじゃ無いと嫌だという人も世界中にいて、海外では「コカ・コーラ」が無ければそのレストランに行かないと言う人もいるくらいですので、飲食店からしても「コカ・コーラ」との提携は必須になります。

 

エナジードリンク部門以外で世界中でシェアNo1を誇っており、ブランド力が圧倒的で、有名な商品を抱えていることがコカ・コーラ社が他社に敷く参入障壁と考えます。

ぱっと見分かりやすいように、ランク付してみました。(S〜Dで評価)
※あくまで私の個人的な見解に基づくランクになるため、絶対評価ではなく、異論も認めます。
個別株投資やり始めの時ってこの銘柄がどのように利益を運んでくれるかイメージが付き辛いんですよね。
そこをパッと見イメージしやすいように、『インカム型』『キャピタル型』『両刀』で分けました。
株投資で投資家に利益を運んでくれるのは、『株価の値上がり(キャピタルゲイン)』か『配当金(インカムゲイン)』のどちらかです。
記事の後半でランク付の理由を、企業の財務諸表等の数値で銘柄を分析したので、詳しく解説していますが、
コカ・コーラ株は株価がガンガン伸びて利益を上げてくれるという、『株価の値上がり(キャピタルゲイン)』タイプではなく、毎年投資家へ支払う配当金を増やしてくれ、かつ安定的に配当金を払ってくれる配当金(インカムゲイン)』タイプです。

【KO】コカ・コーラの株価データ

 

コカ・コーラ(KO)の直近の株価は、以下の通りとなっています。

 

KOの株価の変動をチャートで詳しく確認していきましょう。

株価チャート

finviz dynamic chart for  KO

株価は直近1年間は、48ドルから58ドルの間で推移しています。

株価の値動きとしてはそこまで大きくない銘柄になりますね。

S&P500との比較

 

コカ・コーラ(KO)の直近5年間の株価上昇率をS&P500と比較しました。

 

S&P500を大きくアンダーパフォームしていることがわかります。

 

コカ・コーラがダメと言うよりは、S &P500が優秀すぎますね。

 

【KO】コカ・コーラの配当金データ

コカ・コーラ(KO)の配当金に関するデータは、以下の通りです。

配当利回り2.98%
年間配当額$1.68
配当支払い月4, 7, 10, 12月
連続増配年数59年

米国株では、四半期ごとに年4回の配当金が支払われるのが一般的となっています。

 

配当利回りや四半期配当の推移をグラフでさらに詳しく確認していきましょう。

配当利回りの推移

https://jp.investing.com/equities/coca-cola-co-dividends 参考

 

コカ・コーラ(KO)の配当利回りの推移は、上記の通りです。

配当利回り3%前後ですが、どこの企業も株主ファーストな米国企業の中でも、配当利回り3%はかなり優秀です。

 

配当性向

★配当性向とは★

その期の純利益(税引後利益)の中から、配当金をどのくらい支払っているかを%で表したもの

★ここから何がわかる?★

会社が1年間で儲けたお金からどれだけ配当金として株主に還元しているかが分かる

 

 

配当性向は、企業が利益をどれだけ株主(投資家)へ還元してくれるかが分かり、30%〜40%あれば充分還元してくれていると判断出来るのだが、コカ・コーラは昨年は利益の85%、今年に至っては、利益の99%を配当として払ってくれています。

 

株主ファーストの経営方針は素晴らしいのですが、配当性向が高すぎると、余力が無いということでもあるので、このペースで配当を支払い続けると、純利益より支払い(配当)が多くなるので、増配が厳しいか?という見方もできてしまいます。

【KO】コカ・コーラ銘柄分析

 

Eメール, メールマーケティング, ニュースレター, メッセージ, 仕事

 

ここからは、コカ・コーラの財務情報から銘柄分析していきます。

 

セクター(業種)

 

セクターは、生活必需品になります。

 

食品や医薬品、社会インフラである電力・ガス、鉄道、通信などの企業が代表的で、景気動向に業績が左右されにくいという特徴を持っています。

 

その特徴から『ディフェンシブ銘柄』と呼ばれることもあります。

 

当期純利益

★当期純利益とは★

一会計期間の最終的な経営成績

簡単にいうと、企業が出した利益から税金やら銀行からの借入やらを全て引いて、企業に最終的に残る利益

★ここから何がわかる?★

この利益を使って、株主の配当金を払ったり、事業規模拡大の投資へ使ったりするので、当期純利益が減少し続けると、配当金が無配当や減配になる恐れもある。

 

 

過去10年間で赤字は無いです。
バラつきがある年もありますが、安定して70億円くらいは、純利益として残せていますし、今年は昨年に比べて、ペースがいいので、昨年の純利益は超えてくるかと思います。
また2020年はコロナ禍にも関わらず、純利益をそこまで落としていない所から見ると、さすがディフェンシブ銘柄ですね。

営業利益率

★営業利益率とは★

その企業の収益力、つまり「本業での稼ぐ力」を読み取ることができる数値

★ここから何がわかる?★

その企業のビジネスモデルや競争優位性が分かる

 

 

業種によって、多少異なりますが、一般的に、営業利益率は10%から15%あれば優秀と言われています。

 

コカ・コーラは事業内容の所でも触れた、ボトリング事業(コストがかかる事業)をフランチャイズ化しているので、コカ・コーラ自体の営業利益率は20%を超える、非常に優秀な数値を出していると考えられます。

 

EPS:Earnings Per Share(1株当たり利益)

★EPSとは★

1株当たりの収益

★ここから何がわかる?★

株主が投資した株1株あたりで会社がどれだけの利益をあげているかが分かる

またEPSが成長すれば将来株価が上がるという判断もつく

 

 

グラフを見ていただければ分かる通り、EPSが安定していなく、下がったり上がったりを繰り返しています。

 

私がキャピタルゲインでは、コカ・コーラをC判定にしたのは、EPSの成長性は見られないため、株価がガンガン上がっていくという判断が出来ないので、今後も株価は横ばいの可能性が高いと判断した為です。

 

ですが、株価が下落しているわけでも無いので、D評価ではなくC評価としました。

 

自己資本比率

★自己資本比率とは★

返済不要の自己資本が全体の資本調達の何%を占めるかを示す数値

★ここから何がわかる?★

自己資本率が低いと他人資本の影響を受けやすいため、不安定な会社経営となり、自己資本率が高いと経営は安定し、倒産しにくい会社と判断出来る。

 

 

米国企業の自己資本率の平均は32%なので、平均よりは劣る数値となっています。

 

2017年までは右肩下がりとなっているが、2017以降徐々に自己資本率を上げているので、今後改善されていくのかが見どころです。

 

ROA:Return On Assets (総資本利益率)

★ROAとは★

会社が全ての資本(自己資本+他人資本)を使ってどのくらい利益を出したのかが分かる指標

※他人資本とは銀行からの借入等

★ここから何がわかる?★

ROAが高ければ効率よく利益を出していることになる、という企業の経営効率が分かる

 

 

これも企業の業種にもよりますが、一般的にROAは5%あれば優秀と言われていますが、コカ・コーラは直近10年で2017年だけ5%を割っていますが、それ以外の年は5%以上を超えており、経営効率が非常に良いと判断できます。

 

 

ROE:Return on Equity (自己資本利益率)

★ROEとは★

会社が自己資本(株主から調達した資金や会社の内部留保など返済義務がないお金のこと)を運用してどのくらい利益を上げたのかが分かる指標

★ここから何がわかる?★

ROEが高ければ「株主から集めた資金を使って上手く会社を経営している」と捉えられ、ROEが低ければ、債務過多状態であると見られるので、ROEの数値が株価に大きく関わってくる

 

 

これも企業の業種にもよりますが、一般的にROEは10%あれば優秀と言われています。

 

米国企業の平均は15%と言われているので、コカ・コーラは、ROEの数値はかなり優秀ですね。

 

PER:Price Earnings Ratio (株価収益率)

★PERとは★

株価が1株当たり純利益の何倍まで買われているか、つまり1株当たり純利益の何倍の値段が付けられているか

★ここから何がわかる?★

株価が現在割安か割高かが分かる

また「投資の回収期間」の判断として見る人もいる

 

 

PERは業種に毎に基準値が異なるので、一般的にいくらがいいとかは言えませんが、PERを見るときは同業他社のPERと比べるといいです。

同業他社のペプシコやネスレよりも高いので、コカ・コーラが現在割高と判断することができます。

 

また「投資の回収期間」として見る人もいると上記で記載しましたが、2021年Q3のPERは24倍ですので、元本回収は24年くらいかかるという見方をする事もできます。

 

PBR:Price Book-value Ratio (株価純資産倍率)

★PBRとは★

株価が1株当たり純資産の何倍まで買われているか、つまり1株当たり純資産の何倍の値段が付けられているか

★ここから何がわかる?★

株価が現在割安か割高かが分かる

PBRが1倍ということは、その企業の株価が資産価値と同じ水準で、1倍を割ると割安と判断出来る

 

 

PBRが1を割ると割安と判断出来るのに対して、コカ・コーラは2021Q3だと11。

 

つまりかなり割高な状態だと判断することができます。

 

営業CF (営業キャッシュフロー)

★営業C Fとは★

本業による収入と支出の差額を表す指標

★ここから何がわかる?★

企業がどれだけ儲かったのかが分かる、プラスなら本業でのキャッシュ・インが多くなっており、マイナスなら逆に現金支出が起きている

★営業CF、投資CF、財務CFを組み合わせて見ると?★

企業のお金の流れが分かります

 

 

営業キャッシュフローがプラスなので、本業できちんと儲かっていることが分かりますね。
営業キャッシュフローがマイナスなら、そこを補填するために、投資キャッシュフローがプラス(設備売却等を行って資金を作った)や財務キャッシュフローがプラス(借入で賄った可能性)など、企業がどのようにお金を動かして本業しているかが分かります。

投資CF (投資キャッシュフロー)

 

★投資C Fとは★

本業による収入と支出の差額を表す指標

★ここから何がわかる?★

設備投資や企業買収など、将来の事業拡大のためにどれだけお金を使っているかが分かります

マイナスであればより多くの投資を行っていることを表し、プラスであれば投資対象となるもの(証券、土地など)を売却してキャッシュを入手しているということを表します

★営業CF、投資CF、財務CFを組み合わせて見ると?★

企業のお金の流れが分かります

 

投資キャッシュフローはほとんどの年でマイナスということなので、営業キャッシュフローと合わせて見ると、コカ・コーラは、本業で稼いだお金を投資に回しているというお金の流れが分かります。

まとめ

 

今回は【KO】コカ・コーラの事業内容・株価・配当金・銘柄分析を解説しました。

 

改めて最後に今まで解説したことを図解でまとめます。

 

 

総評としては、コカ・コーラの株は、キャピタルゲインを期待しての投資ではなく、インカムゲインでコツコツ資産を増やしていきたい、安定感がある銘柄がいいという方には、素晴らしい銘柄。

 

財務状況もかなり優秀で、有名な投資家の方も、コカ・コーラを推奨している人は多い。

 

一方で、配当性向が高すぎるので、このままのペースで行くといずれ連続増配が危ういのではないか?という懸念もある。

 

現状割高な状態であるので、購入を検討されている方は、充分そこをご理解の上、自己責任の元投資をしてください。

 

 

インカムゲイン』に興味ある方

ウォール・ストリートを含め、25年の経験のある配当投資の専門家マーク・リクテンフェルドが、これだけは永久に持っておきたいという6つの高配当米国株をまとめたレポートです。

 

マーク・リクテンフェルドは、世界中8万人に向けて、有料でレポートを毎月公開していますが、こちらは

メールアドレスの登録だけで、無料でレポート入手出来ます。

 

オックスフォードインカムレター

最新情報を是非チェックしてください!!